ライン

ー極秘ファイルー
「マスターガンダム」
製作記録記


これらは我等が勇者王の熱き製作紀である

皆々様こんにちはアーンド始めまして。
当HP管理者のゴルディといふ者です。
ここでは勇者王というカテゴリーはとっぱらって
「機動武闘伝Gガンダム」から東方不敗マスターアジア駆る
「マスターガンダム」をつくってしまえ!という
強引極まりない作製記録です(笑)
ここでの製作理念は、パルプ製品特有のかさばる荷物量を
いかに持ち運びやすい状態にもっていけるかどうかを考えています。
そこで出来る限り部分部分の分解量を多くして運搬しやすい形にします。
それでは解説の方へ・・・。

さて取り出しましたる紙。
これが全ての原型です(笑)
「板目」というボール紙で
厚さ1mmくらいの丈夫な紙です。
文房具店や画材店で簡単に
手に入ります(35円〜45円/枚)
紙を目的の形に切ります。
←コレはたまたま難しい形に
切っていますが
四角とかの簡単な立方体を
造る場合は計算で
割り出せる
ほど簡単に
造れます☆
コレを切り貼りして
目的の形を作っていきます。
計算で出せない複雑な形
少しずつ切り刻んで
調整しながらあわせていきます。
そしてそれを型紙として
完成品を造ります。
(ちなみにコレは頭の角です)
こういう隙間を埋める作業ですが
はっきり行ってここまでくると
図面上の計算ではちょっと
難しい物があります(苦笑)
そこで型紙をまず先に作ります。
目的の場所にあう形を目指し
いらない紙などを使って
最初は大きめに大まかに形を
切っておいて、そしてそれを
少しづつ微調整しながら切ります
この作業を繰り返して
汚くてもいいので
テープなどで付けながら
目的の形を作っていきます。
これが型紙になります。
その型紙を模写して
ツギハギのない綺麗な
パーツをつくります。
このときにノリシロ
つけるのを忘れずに♪
綺麗な折り目を実現するため
谷折側に切れ込みを入れます。
切れ込みの入れ方は
ココを参照してください。
こうして切れ込みを入れ
折り目を付けてやります。
この地道な作業によって
かなり綺麗なエッジ
再現できます。
あとはコレを目的の場所に
のり付けすればいいだけです。
多少手間ですが
綺麗な作品のためには
こういう地道な努力が大事だと
昔のえらい人が言ってました。
(笑)

メール アイコン
次へ

ライン
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット