ライン

MBF−P02L
ガンダムアストレイレッドフレーム
(タクティカル・アームズ装備型)
 

 オーブ国が、自国のコロニー「ヘリオポリス」にて極秘裏に開発していた試作型モビルスーツ「アストレイ」シリーズの2番機である。ロウ・ギュールによって運用されることになったこの機体は、専用武器「ガーベラ・ストレイート」の発展型として開発された巨大可変兵器「タクティカル・アームズ」を装備する構想があった。しかしながらこの武装案は机上で終わり、その構想はアストレイブルーフレームへ引き継がれる事になる。
 最終的にはブルーフレームの装備品として完成されたこの兵器は、皮肉にも実戦での初使用は、結局レッドフレームが行う事となった。


製作者:ゴルディ
初ロールアウト:2004/7/4
主な参戦地域:全世界

メール アイコン
もどる

ライン
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット