ライン

GUNDAM再上陸 「ASTRAY&ALPHONSE」
-JAPAN EXPO 2004 in ロスアンゼルス コンベンションセンター 2004/11/27〜28-



レイヤーもいないそんなイベントに私は何しに来たのか!?
そう、私は入り口でお客様を迎える為の使者として招かれたのです(笑)。
とは言いましても初日は私の仕事の都合で参加できず
オープニングセレモニーには現場のスタッフ達で
ガンダムを運用して頂きました〜。
チビッコにウケていただいたそうで何よりです♪
(若干怖がられてたそうな…(笑))


チビッコのみならずお年寄りまでの幅広いストライクゾーンで
かなりの好評をいただけてました!
…なんだストライクゾーンって自分(笑)。


そしてガンダムと同じく入り口でお客様を出迎えた
巨大ピカチューとセーラームーン御一行です!
ガンダム・ポケモン・セラムンと日本の有名アニメ作品が
肩を並べて愛想をふりまくりました(笑)
ちなみにこの3ジャンルの作品はアメリカでは物凄く浸透しております。



そして2日目のオープニングセレモニー!
私が装着していよいよ本格的にアストレイ再上陸開始です(笑)
レッドフレームの標準装備とも化したタクティカルアームズを
広い会場を利用してデモンストレーションとして片手で振りまくりました。
その迫力に怯えるチビッコ諸君もチラホラ
(怯えさせてどーする(汗))。
ちなみに女性達が近づいてきて、アストレイの股間パーツを触って
「OH〜BIG♪」などと話してました(笑)。
アストレイの全身像への評価とも思ったのですが、
語尾に「マグナム」という単語をつけてくれたので
十中八九、一部分の過大評価だと確信いたしました。
斬艦刀振り下ろしますよ(笑)。


そしてこちらは初上陸!
プチアルことアルフォンス・エルリックです♪
実はこれ受注品の女性用アルフォンスでして
私のアルフォンスはプロトタイプゆえ分割できず
持ち運びが出来ない為に、急遽コレを持ち込みました!
まだ未完成の上に各部調整も済んでいないのですが
コレでも道行く人に驚きを与えまくってましたね(笑)。
「ブルーGUY」と呼ばれてました♪
ちなみにアメリカでは最近「鋼の錬金術師」がTV放送開始され
今後ブームを呼びそうな気配マンマンです!
来年の夏にはどこまで浸透しているか非常に楽しみです♪


巨大習字をバックに執筆者と記念ショットです♪
いや〜この違和感が非常にインパクト強いですね(笑)


以上、オープニングセレモニーを完了した私は
日本の造型技術を教えて欲しいとの要請にて
用意されたブースにてセミナーを開催していました。
その中で実演製作をしてもらいたいということで
希望者と一緒に義手の簡易バージョンを作る事に。
いや〜人生で一番義手を量産した日になりました(笑)。
いろいろな人種とジャンル(笑)の方々と一緒になりました♪
共に作って肌で感じたのですが、
買うより自分で作ることを楽しむ傾向が非常に強いですね〜。
道行く多くの人の目に止まり、各種メディアや取材等にも注目されました。
某有名劇団のかたが興味を持たれた様で、連絡欲しいと名刺をくれました(笑)
ちなみに左の写真で手前に写っているチビッコはなんと「千と千尋」のコスです♪
なんかこの場での作業が非常に違和感ないものになってます(笑)。


日本車の展示コーナーもありました!
なんて広大な会場なんだ(笑)。
確かに車は電化製品とならんで日本の有名なジャンルですが
ここまでピンキリの日本文化の紹介にはもはや脱帽です。


その中に!
なんとピカチューを模した車もありました(笑)。
もうチビッコには大人気ですねコレは♪
後部にはちゃんとジグザグ尻尾型のウイングが付いてました!
ちなみにナンバーは「PIKA10」でした…すご(笑)。


ピカチューカーだけではなく
多くのチームが作ったカスタムカーの展示も多かったです。
さすが車大国アメリカ!
むしろガンダムの着ぐるみはこちらのブースで大人気でした(笑)。


アチコチのチームから引っ張りだこで
記念写真を撮りまくりました(笑)。
いっそココでガンダムの展示会もやったらどうだろう…。
日本にある各造型氏所有のガンダムを集結させれば出来るはず!
(輸送代いくらかかるだろう(怖))。


以上!お疲れ様でした!!(早)
いや、もう今回の渡米はほとんどセミナーに従事してしまい
コスする時間はオープニングとイベント終了間際のみとなりました(汗)。
なんはともあれ!今回私のようなものをサポートしてくださった方々様!
本当にありがとうございました♪


メール アイコン
おまけ

ライン
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット