ライン

はぐれ者(紅・蒼・金)、攻撃
という名のガンダム
 -ワンダーフェスティバル冬 2004/2/22-


さて問題です
一見ちゃんぽんに思えるこの集合写真に
ある共通点が一つあります(一人該当外者有)。
正解:全員ガンダム製作者(キラを除く(手前のオジサマも除く))

2004年2月22日、ビックサイトにて
「ワンダーフェスティバル2004」に参加してきました♪
最大の模型イベントだけあって全国から屈指の造形師が参加しました!
右奥から順にご紹介を・・・
○アストレイレッドフレーム(THOR氏)…通常・同ガンダム
○アストレイブルーフレーム(南雲氏)…通常・同ガンダム
○アストレイゴールドフレーム(ゴルディ)…通常フリーダムガンダム
○ストライクガンダム・ムウ機(徳明氏)…通常・同ガンダム
○アルフォンス・エルリック(鋼人T氏)…通常ストライクガンダム・キラ機
○仮面ライダー・ファム(奇龍 流氏)…通常デュエルガンダム
○仮面ライダー・カイザ(神壱氏)…通常イージスガンダム(現在破棄)
○キラ・ヤマト パイロットスーツ(ひさみ氏)…MS搬入、装着ヘルパー
○麺ロボ?(バルキリー氏)…バスターガンダム(製作未定)
といった豪華メンバーですが、この写真に収まりきらない造形師がまだまだ渦巻いている
1日ではとても足りないほどのテンションが高ぶったイベントでした〜。
(しかし今回のイベント広場はめちゃくちゃ狭かったです(主催者判断ミスですよ))

そんなわけで遂にロールアウト!自社謹製
「ガンダムアストレイ・ゴールドフレーム」です♪
基本的にはレッドフレームと同じ構造なのですが
色が変わるだけで随分と見栄えも随分変わりました。
アクションも結構派手に取れまして、同型機同士で組み手も可能です♪

 
今まで仮ロールアウトでしたが、今回正式出撃となる自社製品
「ガンダムアストレイ・レッドフレーム」です♪
足回りのディティールを追加し、各部バランス調整したのですが
本製品の正式装着者であるTHOR氏の体格と比較すると
若干大きめに見受けられる印象があります。
この後さらに各部調整したので、次回お目見えする時は
今以上のバランスで出撃できると思います。

 
同じくアストレイシリーズとなる南雲氏謹製の
「アストレイ・ブルーフレーム重装備型」です♪
南雲さんのデビュー作ですが
初出撃の時より各バランスを整えてあります。(胴体の幅詰調整など)
しかしながらそれでもかなりの重量になるので
重装備というビジュアル効果と引き換えに
機動性をやや犠牲にしてしまっています。
…が、むしろ動かないほうが帰って重厚なプレッシャーを感じます。
今イベントで一番武装に気合を入れたガンダムですね♪

 
今回飛び入り参加の徳明氏謹製
「ストライクガンダム(ムウ機)」です。
丁度キラ・ヤマト役のひさみさんがいらっしゃったので
強引ながらも合わせていただきました♪
(すみません今度フリーダム持ってきます(汗))
しかし今回、白が随分眩しい合わせとなりました(笑)

デュエルガンダムユーザーである奇龍 流氏謹製
「仮面ライダー・ファム」
です♪
実はデュエルより先に完成していた作品ですが
持ち前のプロポーションを生かして、なかなかどうして素晴らしい仕上がりです!
丁度いいのでアストレイゴールドと一緒に写真に写ってもらったのですが
配色が一緒のせいか、なんとなく兄弟のような印象を受けました(笑)
そしてなんと、この後恐るべき融合が…(次ページ参照(笑))

元イージスガンダムユーザーである神壱氏謹製
「仮面ライダー・カイザ」です♪
卓越した持ち前のスキルを生かして
劇中からそのまま出てきたかのような錯覚を受ける
素晴らしい完成度の作品です

特に仮面のところなんか凄いですねぇ〜(FRP製かな?)
ポーズ共々かなりカッコよく決まってます〜。

別名「アルフォンスあわせ」ともなっていた同イベント
実に4体ものアルが集っていました!そのうちの2体ですが
右からジャスティスガンダムユーザーのダークナイト氏謹製
そしてストライクガンダム(キラ機)ユーザーの鋼人T氏謹製
「アルフォンス・エルリック」です♪
題材が一緒でも作り手が違ってくると作品の持ち味も千差万別です。
ダークナイト氏のこの鎧の好質感!頭部から下ヘ流れるボディラインセンス!
鋼人T氏の渋い重量感!肩の曲面の表皮張り技術!
もはや別作品として見れる完成度を披露してくれました♪(ウットリ)

常に造形の新しいジャンルに挑戦し続けるカリスマ造形師のフェリオ氏謹製
「ウェドゴニア」です♪
もはや常識レベルを超えたその造形技術は
普通の社会人にしておくのはもったいない位の完成度です!
筋肉質を余すところなく表現しまくったレザーや
髪を含むフェイス全体を完全製作させたマスク部分
その他小物を上げていけば筆舌に尽くせません!
・・・芸術だよなぁ〜この人の作品は。

メール アイコン
おもしろ合わせへ

ライン
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット