ライン

ー極秘ファイルー
「フリーダムガンダム」
製作記録


これらは我等が平成ガンダムの熱き製作紀である

切り出したウレタンの接着ですが
直角や垂直に接着する分には
問題ないのですが、
角度をつけて接着する場合には
幾分か斜めの切り込みを入れて
斜面を施して接着面を作ります。
いよいよ接着です。
接着剤ですが、専用の
「ボンドG17」という種類を使用します。
接着させる両面に
まんべんなく塗ります。
すぐに貼り付けるのではなく
ある程度乾燥させてから
慎重に接着します。
目安として、触ったときに
手に付かない程度の
粘着力になれば適頃です。
以上の要領で
目的の加工物を作っていきます。
この後さらに表面素材のラリッサを
貼り付けていきますので
多少のボンドのはみ出しは
気にせずとも問題はありません。

ちなみにこの部品は
肩の部分になります。
上腕・下腕部です。
これも中の人間に合わせず
長めに作るといいのですが
腰部武器をホールドするため
指を可動させる必要があり
手袋方式で手を作ります。
(指等の装甲製作は後ほど)
胸部です。
襟部はまだ作っていませんが
イメージとしては大体
このような感じになります。
これも中の人間のサイズより
大きめに作ってあります。
そして頭部と同じくらい
重要なポイント、腹部です。
ココは極力細く作ります。
ですが中の人間のサイズには
やはり限界がありますので
普通は箱型につくるウエストを
八面体につくることで
実際以上に細く見せます。
どちらも大きさ25×25cmですが
数値以上にイメージが違います。
上記の方式で作ったのが
右記の胴体です。
劇中のフリーダムのウエストは
あくまで箱型ですが
人間が着込む設定上で
可能な限りカッコよくみせる姿を
自分の中でイメージする事が
結構大事だったりします。
上半身のほとんどの部品を
仮組みしてみました。
イメージとしてはこんな感じです。
胸の排気ダクトはプラ板で
後ほど作りこむ予定です。
参考までに頭部との比較は
大体このような感じになります。
頭自体は大きいのですが
マスク部分が小さいので
それほど頭でっかちに
見えることはないと思います(笑)

メール アイコン
つづく

ライン
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット