ライン

ー極秘ファイルー
「フリーダムガンダム」
製作記録


これらは我等が平成ガンダムの熱き製作紀である

皆々様こんにちはアーンド始めまして。
当HP管理者のゴルディといふ者です。
突然ですが「機動戦士ガンダムSEED」から
主役機のフリーダムガンダムを作ることになりました!
理由は二つありまして、
一つは現在製作中のマスターガンダムの絡みなのですが
マスターのデザインは曲面が多く、パルプでは限界があると判断し
ウレタン製作の練習として曲面の少ないフリーダムを選択しました。
もう一つは、前回のイベントでジェネシックの着ぐるみが強風に煽られ
華々しく散っていったという、これまたパルプの耐久性の限界を感じ
頑丈で可動耐久性があるウレタン製を作ろうと思い立ったわけです。
私の製作理念は「安い材料でも手間をかければ良い物ができる」でしたが
今回は多少理念を曲げて「良い材料で更に良い物を作る」という
技術向上を踏まえた新しい事をしてみようと考えています。

毎度のことですが設計です。
頭部の設計ですが
小型化の設計には、人間の
頭部の実寸に限界があります。
よってマスク部分を小さくすることで
小さく見える錯覚を起こさせます。
同じ頭部の大きさでも
図の様に実際の目線で作るより
明らかに一回り小さく見えます。
設計を基に頭部を製作します。
シャープな完成を求めるため
頭部だけはあえてパルプで
製作しました。

ひさしの隙間が
中の人間ののぞき窓になります。
アンテナの製作です。
ひさしののぞき窓に合わせて
こちらにものぞき窓を作ります。
透明セロファンを張ってありますので
後ほどクリアーカラーで
塗装して目立たなくさせます。

小アンテナの接続には
補強としてプラ棒を芯にいれ
接着を確実なものとします。
マスク部分です。
細かいディティールを入れられるのが
パルプの利点であります。

目の部分には後ほど
カラーセロファンを張ります。
そして余裕があれば
電飾を施します。
(しつこいようですが、この目は
実際ののぞき窓ではありません)
ひと通りの部品をつけます。
頭部の雰囲気は大体
このような感じになります。
ディティールは後ほど順次
追加していくつもりです。
腕部のイメージですが
基本体の人間に合わせて作ると
肩の付け根に違和感が生じ
肩幅が狭いものになってしまいます。
そこで肩アーマーを最初から上げて
上腕アーマーの付け根部分を
多少大きめに作ることで
肩幅の広い特有の雰囲気を
演出することができます。
さて、これからは全て
ウレタンで製作していきます。
まず素材ですが、正式名称
発砲ポリエチレンtypeA(通称ポリA)
というものをそろえます。
色々なカラーや厚さがあります。
手前のが東急ハンズで購入、
奥のが問屋の浅草佐々木商店で
購入したものです。
(問屋のほうが大きく安いです)
ウレタンを切り出すために
まず型紙を製作します。
使用した紙は方眼がついた
学校工作用紙というものです。
A3サイズで30円くらいで
各文房具店で購入可能です。
その型紙を使用して
目的のウレタンを切り出します。
今回使用したウレタンの厚さは
1センチのものです。

ちなみに使用済の型紙ですが、
このあとラリッサという表面素材を
切り出すのにも必要なので
まだ捨てずに補完しておいて下さい。
(ラリッサの製作は後ほど)

メール アイコン
つづく

ライン
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット