ライン

ー極秘ファイルー


これらは我等が勇者王の熱き製作紀である

皆々様こんにちはアーンド始めまして。
当HP管理者のゴルディといふ者です。
2年前パルプで「ゴルディオンハンマー」を作成して以来
物造りに励むようになってしまったなんちゃって勇者です。
今回はGツールの持ち主として新生勇者をパルプで
作ってしまおうと思い立ったワケですが
パルプといっても結構これが頑丈でして
作り方や塗装次第ではウレタンやFRPに迫る完成度を
期待できるシロモノになるかもしれません。
本音を言うと、ウレタンやラリッサ等が高価すぎて
手が出ないっす!といったところです(笑)
しかし安価な材料でも知恵と勇気で
これだけの物が作れるんだという
同じ制作費に悩む皆様に
ひとつの提案ができれば幸いです。
それでは早速製作レポートに移ろうかなと思います。

まずは簡潔に作成手順を説明します。

@つぎはぎでもいいので下地型紙を作る
Aそれを元に折り線を入れた本紙を作る
Bそれを接着して目的の部品をこしらえる
Cこれを繰り返し部品を張っ付けてていく

とまあ説明するまでもないような手順ですが
以上が私流のパルプでつくる作成手順です。
接着さえしっかりしていれば
思った以上に頑丈に出来るものです。
それでは本筋に入りましょう。
頭部です。
自分の頭に合わせたサイズを作り
それに肉付けをしていく様に鶏冠や
耳、アンテナを作っていきます。
アンテナはパルプだけだと
ヘタってしまうので
針金入り3枚重ねで作っています。
大体の輪郭ができたらマスクです。
これも別パーツで構成していき
バランス見ながら整えていきます。
ある程度は設計で検討しておき
作りながら微調整を繰り返します。
次に胸部です。
何かとたくましい胸板ですが
ここが小さいと、大きい頭が
更に大きく見えてしまうため
作成入に前に全体の設計案が重要です。
箱組のブロックを張り合わせる様に
中心から肩に流れるよう構成します。
ちなみにこの胸板は
ヘルアンドヘヴンが出来るように
可動するように作ってあります。
(詳細は後ほど・・・)
ある程度胸板が出来てきたら
連動するように肩を作って行きます。
原作のままだと、ちょっとのっぺらいので
先端はシャープに、付根は厚みを持たせて
気持ち肉厚な感じで作っています。
見栄えを良くする為、最初から怒り肩に
正面・上面からもハの字に開くように
作ってあります。
とりあえずはライナーガオーUに
変形できるように作ってあります。
変形を考えなければもっと肩としての
ビジュアルが変わっていたと思いますが
やはり勇者は合体変形できなければ。
(注・人間の中を貫通はしません)

メール アイコン
次へ

ライン
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット