ライン

ー The manufacture process ー
ウレタン造型の基本講座

各種ウレタンフォームを素材として、武器や甲冑などの造型工法を説明いたします。

○製作解説 「ウレタン切り出し」

解体した型紙を使ってウレタンを切り出します。

綺麗に切り出すために、ウレタンの上に型紙を画鋲などで鋲止め固定します。また、カッターの刃が切れ味が悪いと感じたら小まめに刃を折って常に新品同様にしておくのが、綺麗に切り出すためのコツです。

○製作解説 「ウレタン接着」

切り出したウレタンをG10ボンドで接着します。

ウレタンの接着面同士にG10 ボンドを塗ります。直にはくっつけずに、ある程度乾かしてから圧着させると強固に接着します。目安として、触って軽くベタ付く感じがベストです。

○製作解説 「ウレタンへのボンド塗り」

切り出して加工したウレタンの表面にG10ボンドを塗りつけます。


ウレタンに表皮(ラリッサやエナメル等)を接着する為に、接着面であるウレタンにG10ボンドを塗ります。大ベラでボンドを塗りつけ、小ベラでムラ無く塗り伸ばします。この時に大きなムラが出来ると表面がデコボコになり完成時のビジュアルに影響します。丁寧に素早く、それでいて焦らず落ち着いて塗りましょう。ここは経験です。

○製作解説 「表皮生地へのボンド塗り」

ウレタンに貼り付ける表皮生地(ラリッサやエナメル、合皮等)の裏地にG10ボンドを塗ります。


ウレタンと同様に、表皮生地の接着面(裏地)にも満遍なくG10ボンドを塗ります。生地は厚手のものからう薄手のものまで様々ですが、薄手の生地はボンドのムラが表面に浮きでやすいので、ここもムラ無く塗ることが大事です。

○製作解説 「ウレタンと表皮生地の接着」

ウレタンと表皮生地の接着面同士を圧着させます。


お互いの接着面のG10ボンドが適度に乾いてから、ウレタンに表皮生地を巻きつけるように圧着させます。空気が入ってしまった場合は小まめに逃がして貼り付けましょう。

○製作解説 「表皮生地の隙間埋め 1」

隙間は瞬間接着剤を使って接着固定します。


隙間に瞬間接着剤を流し込んでやります。粘度にはゲル状や液状などがありますが、場所や用途において使い分けるとよいかもしれません。(私は普通の液状の瞬間接着剤を使用しています)

○製作解説 「表皮生地の隙間埋め 2」

瞬間接着剤の上から接着促進剤を塗ります。


促進剤「アルテコ・プライマー」を吹き付けてやれば、文字通り瞬間的に接着させる事ができます。接着促進剤にはいくつかの種類がありますが、中には表皮生地によくないものもありますので、写真のものを使用する事をオススメします。
※換気には十分気をつけてください。

○製作解説 「表皮生地の隙間埋め 3」

ごらんのように綺麗に接着。


このような感じで、隙間ができたら寄せて埋める作業を行います


メール アイコン
NEXT

ライン
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット